山羊ゲームブログ

獣がゲームを行うブログです

タグ:雑記

PCで使えるコントローラは沢山あるが自分にあったコントローラを
探すのは中々に難しい。

一個買ったらおいそれと買い換えるものではないので熟慮しなければ
後悔してしまうことは必至だろう。

今回は自分が今まで使ってきたコントローラを自分なりに評価してみようと思う。

個人的な評価なので間違いなどが多数あるかもしれないがご了承いただきたい。



①DUALSHOCK2(PS2)

141018_01

PS2コントローラ。
安定性抜群であり耐久力も申し分なし、万人にお勧めできるコントローラである。
慣れ親しんだ操作感に絶妙の大きさでどれだけプレイしても疲れない。
難点は、今ではちょい手に入れづらいこと、そしてUSBではないので
コンバータが必要なことか。


②ロジクール F710 ワイヤレス ゲームパッド3000円~4500円
141018_02

PC用コントローラの老舗Logicool製のコントローラ。
Fの後の数字で3種類が用意してあり
F710>ワイヤレス振動あり(3000円~4500円
F510>ワイヤあり振動あり(2000円~3000円
F310>ワイヤあり振動なし(1000円~2000円
となっている
いろんなPCゲームで推奨コントローラとなっているため見たことあるって人は
結構いるのではないだろうか。
そこそこ安定はしているものの、ボタンと十字キー部分がとにかく人を選ぶ構造を
しているので、店頭などで触ってみて判断したほうが良い。(特にL1R1)
耐久性は良くない部類に入ると思う。
ちなみにF310とかになると、店のセールとかで1000円前後で買えたりする。
自分のメインコントローラ。
なぜかF510は売ってるところがほとんどない不思議。


③ワイヤレスホリパッド3(3000円~4000円)
141018_03
HORIから出ているワイヤレスPS3コントローラ。
最大の利点はPS3互換でありながらUSBレシーバーを刺すだけですぐ使えること。
操作性は悪くない、好みもあるがアナログとR2L2あたりは自分は使いやすい。
難点は持つところが通常のPS3コントローラに比べかなり太いので、
人によっては手がすぐに疲れてしまうかもしれないこと。
あと耐久性が結構低い。


④JC-U2912F(1000円~2000円)
141018_04
ELECOMから出ているPC用コントローラ。
最大の利点は手に入れやすさ。
家電量販店どころか店によってはホームセンターにも売ってる場合がある。
1000~2000円前後で買えるが、その安さに似合わず連射機能までついている。
操作性は普通の一言、良くもなく悪くもなく正に地味の言葉が良く似合う。
最大の難点はボタンの耐久性。
強くボタンを押してしまう人とかだと下手すれば1ヶ月も持たないかもしれない。


総評
本命はDUALSHOCK2だが、手に入りづらさが痛いところ。
その他の3つは一長一短ありすぎてちょっとおすすめしづらい感がある。
自分自身のお勧めは次回紹介するとしよう。

前回からの続き

①Xbox360コントローラ(2500円~4000円)
141019_01
十字キーと左アナログが他のものと逆であること、十字キーが若干好みが
分かれることを除けば1,2を争うお勧めコントローラである。
無線の場合、専用のレシーバーが必要なのが若干面倒。
ちなみにPC用とゲーム機用は単に付属ソフトの有無の違いだけだったりする。

②JC-U3312S(1500円~2000円)
141019_02
ELECOMから出ている前回紹介したJC-U2912Fの上位版(?)
のはずなのだが実物を見ると正に貧相そのもの。
操作性はJC-U2912Fと似たり寄ったりであり、あえてこれを買う意味はないものと思われる。
耐久性を売りにしているが、それだったらPSコントローラを使ったほうが早い。
JC-U2912F同様手に入れやすいので、とりあえず何でもいいからとか
いうのであれば問題ないだろうか。
無線タイプもある。


③DUALSHOCK3(PS3)(3500円~4500円)
141019_03
現在の本命コントローラ。
なのだが、PCに慣れていない人には若干導入が面倒である。
MotioninJoyという海外製ドライバを使用せねばならないため)
あと無線で使う場合、別途Bluetoothアダプタが必要になる
少々面倒ではあるが、導入さえ出来ればこれほど便利なコントローラはないだろう。
しかしながらMotioninJoyは色々と胡散臭い。
(設定にネット接続状態が必要、本家サイト以外からDLすると高確率でマルウェアが入ってる)

④DUALSHOCK4(PS4)(5000円~6000円)
141019_04
今後、上記のDUALSHOCK3に成り代わるであろうコントローラ。
DUALSHOCK3MotioninJoyを必要とするのに比べ、
こちらは何のドライバも用意せずに使うことが可能。
無線の場合はDUALSHOCK3と同じくBluetoothアダプタが必要なことは同じである。
タッチスクリーン部を使う場合のみ別途ドライバが必要。
難点はそのお値段。
Bluetoothアダプタ込みだとなんと5000~6000円近くかかってしまう。


総評
この四つの中でどれかと言われたらDUALSHOCK4
だが、いかんせん値段が高すぎる。
かといってDUALSHOCK3は導入が面倒という問題がある。
自分は今後はDUALSHOCK4メインになっていくだろうがどうしたものか。

大型アップデート到来!○○実装!

ワイ「待ってたで!**はお休みや!戻ったるでぇ」

ワイ「まずは課金しとくか?いや、情報を集めとこう」

運営「何しに来たの?○○はアップデート日から一ヵ月後やぞ?」

ワイ「あれ?アップデートって新しいのが遊べるからアップデート言うんや無いの?」

運営「新*****いますしやすし」

ワイ「**に戻ります」←今ココ!


運営「課金は今からしとけよ?」

ゲームをプレイする環境を整えることは大事である。
人によったり部屋の間取りや家具配置などによったりそれは様々。

椅子に座ってプレイしたり、ノートPCなどを使ってる人は寝転がってプレイしたり
あるいは床に胡坐をかいてプレイしたり色々な方法があるだろう。

では山羊はどんな環境でゲームをしているのか?
今回はそんな疑問を全国83523人の山羊ファンの皆様にお伝えしようと思う。

141213_01
数分で作成した山羊の環境図


2人用ソファなので寝転がってもプレイできる安心仕様。
テレビの横のサブモニタは23インチを縦に2個並べて使っている。
フットペダル以外はすべて無線で線のわずらわしさを無くしてみた。

しかしながら欠点が無いわけではない。
自分はキーボード打ちが中々に遅い。
さらに見てもらって分かるとおりPCデスクではないので、
微妙にキーボードが遠く、チャットがどうしても遅くなるという欠点がある。
ソファに横になってたりなんかすると即打ちはもはや不可能である。
一緒にプレイしている人で「こいつ急にチャットに参加しなくなったな?」
と思った方がいたら、高確率でソファに横になってるだけなのでスルー推奨。

ちなみにフットペダルというのはこんな感じの機器である。

皆様の環境も参考までにお教え頂ければ山羊は大喜びするだろう。


キーボードをアームのような形で近づける台でも作ってみようかな
と思い始めた今日この頃。

↑このページのトップヘ